鹿児島の木材、自然素材でつくる
パッシブデザインの家
 建築工房 自然木
       (じねんもく) 

武の家2
まちなかパッシブ

まちなかのコンパクトな敷地に建つパッシブデザインの住宅です。

子育て世代が共働きをする環境、高齢者の医療環境、買い物のしやすさや公共施設が充実していることを考えると、「まちなか」市街地も住宅用地として、ひとつの選択肢です。
住まい手の年齢の変化に伴う、生活スタイルに対応できるよう、設計時の対応も必要です。
パッシブデザインの計画地としては、窓からのダイレクトゲインの太陽熱のみでは、日射取得が十分に確保できない場合があります。「まちなか」では、屋根面へのソーラーシステム設置も検討します。
市街地の夏場は、外気もあついので、空調機を使いますが、自然の通風・排熱や日射遮蔽等を丁寧に計画して、空調機に出来るだけ頼らない生活を目指します。


外観 1階RC2,3階木造混構造
 
 
玄関へのアプローチ
 

車庫
 

玄関ホール
 

1階洋室
 

2階リビング
 

2階リビングダイニング
 

2階ダイニング

洗面流し

2階ウッドデッキ

3階和室(寝室)

3階予備室(物干し)

ほかの「まちなかパッシブ」を見る

武の家1