伊敷の家 古民家「本質改善型」リフォーム 

週末の完成見学会は多くの方々に参加頂き有り難うございました。

築70年古民家を新築同等の断熱改修を行い、太陽光・太陽熱のダブルソーラーパネルを設置したZEHセロエネルギー住宅です。さらに、自然エネルギーを有効利用するために、窓周りのブラインドシャッターやハニカムサーモスクリーン、ガラス庇を設置。

住まいの質を向上させ、暮らしを豊かで快適にする「本質改善型」のリフォームです。

床柱のサクラは、ご家族の思い出の柱と言うことで、減築した和室から移設しました。

お母様の使われる玄関脇の洋室です。お日様の暖かさを効率よく利用しながら、夏の日射遮蔽も容易に行えるよう、電動のブラインドシャッターを設置しています。

洗面台、浴室は車椅子での生活を考慮した仕様です。

これまでに竣工した古民家リノベーション

吹上永吉の家 http://jinenmoku.com/example/pg540.html

蒲生の家01     http://jinenmoku.com/example/pg572.html

蒲生の家02             https://jinenmoku.com/blog/posts/505

じねんもくHomePage  http://jinenmoku.com/